メインイメージ

会社設立の登記の期間

会社設立の登記の期間について

会社設立をしようと考えている場合、色々な知識が必要になってきます。その中のひとつに、会社設立登記の期間というものがあります。

会社設立登記をすることは、会社を成立させるための大切な要件です。必要な書類は様々なものがありますが、それらを法務局に提出します。

しかし、この会社設立登記の期間には、決められたものがあるので、注意しなければいけません。発起設立の場合は、設立時取締役などによる調査が終了した日か、発起人が定めた日かの、いずれかの遅い日から2週間以内に、会社設立の申請をすることになっています。

この定められた間に、申請をしなかった場合は、過料に処されてしまうことがあるので、遅れないように注意して手続きをすることがとても大切になってくるのです。法務局へ申請した日は、会社が設立された日となります。また、登記簿にも会社設立の年月日として記載されます。何か特別な日を会社の設立の日にしたいと思っている場合は、その日に、申請が出来るように計算をして、準備を進めておく必要があるので、注意するようにしましょう。

記載する事項も決められています。商号、目的、本店所在地、公告方法について定款の定めがある時はその旨、発行することが可能な株式の総数、発行株式の総数、資本金の金額、取締役の氏名です。これらの事項は必ず記載することになっています。また、定められている場合は記載する必要がある事項もあります。

他代表取締役の氏名と住所、支店の所在場所、会社の存立時期や解散する事由、発行する株式の内容、株式名簿管理人、単元株式の数、株券発行会社の時はその旨を、新株予約権についての事項、取締役会設置会社であるときはその旨を、会計参与設置会社であるときはその旨と会計参与の氏名または名称と計算書類などが保管されてある場所、監査役設置会社であるときはその旨と監査役の氏名、会計監査人設置会社である場合はその旨と会計監査人の氏名もしくは名称、取締役と会計参与と監査役と執行役または会計監査人の責任の免除についての事項、社外取締役と会計参与とかんさや役または会計監査人の責任限定契約に関する事項、貸借対照表の電子公告についての事項です。

このように、会社設立の時の登記の期間は定められています。様々に記載する事項がありますので、手続きを早めに行うようにしなければ間に合わないことがあります。遅れてしまうと過料に処されてしまうことがあるので、注意するようにしましょう。

Copyright©2017 会社設立における資本金の考え方と使い方All Rights Reserved.